WordPress有料テーマを買ってみた

前回の記事で、3月5日サンゴの日にWordpressテーマのSANGOを買うと宣言しました。

使いたいWordPressテーマ2019

きっとあの勢いならSANGOをポチってたのですが、もう1日考える時間ができてしまったので、結果的にはThe Thor(ザ・トール)を買っちゃいました。

SANGOにせずにThe Thorにした理由

SANGOはデザインが可愛らしくて素敵だったのでとっても気に入っていたのですが、きっとSANGOらしいデザインの似たようなサイトがゴロゴロあって、私もそんなSANGOユーザーさんと同じくSANGOらしさ目指してしまいそうだったから。
テンプレートを使う以上、似たような感じになってしまうのはなってしまうんですけれど、デザインが気に入りすぎててむしろそんなにデザインが気に入っていないThe Thorを気に入るかんじにカスタマイズしていきたいなという気持ちがわいてきたからです。爪の先ほどのデザイナー魂が私の中にまだあるみたいです。

Diverのかっこよさにもかなり魅かれるものがありました。

見れば見るほど迷いがでてきました。
今やWordpressテーマの戦国時代といってもいいくらい魅力的なテーマがたくさんあって、この3つ以外にも気になるものはありましたが、迷いだしたらきりがない。

The Thorにしたのは、「デザインが気に入っていないから」という理由だけではもちろんありません。
同じ会社の無料Wordpressテーマ、LION MEDIAをこれまで使ってきているのでそこからの移行だからです。
LION MEDIAは無料なのにとっても優秀なテーマだったので、そこにあった機能がSANGOやDiverのテーマになかったらしばらくストレス感じるだろうなと思ったのが一番の理由です。

悩みすぎて、結果、どれ選んでも今より良くなるはずと信じてThe Thorに決めました。

The Thorの使用感

やはり正解◎
LION MEDIAで外観→カスタマイズをいじるととっても時間がかかってました。それが明らかにスムーズになった。サクッと変更できるかんじ。
あと、写真がどこをどういじっても16:9になっていたLION MEDIAですが、簡単に4:3に切り替える機能がついてました。
LION MEDIAで写真の縦横比を4:3にする方法を検索しまくったけど結局わからなかったので、あの時間はもったいなかった。
「まだ無料テーマで消耗しているの?」っていう気持ちになりました。

機能はもちろん大幅にアップしているので、まだまだ勉強中ではありますが、使い勝手はとってもいい。
さすが、お金払っただけのことはある。

The Thorに変えてアクセス数はどうなったか

毎晩グーグルアナリティクスで結果をチェックしていますが、深夜にもかかわらずちょっとびっくり興奮して友達に連絡しちゃいました。
アクセス爆上げ
3月5日のサンゴの日にSANGOではなくThe Thorを買ったので、テーマを差し替えたのが5日の夕方くらい。
3月6日からは丸一日The Thorになった日を迎えたわけなのですが、

セッション爆上げ。

間違ってアナリティクスのコードを2回貼っちゃってたりするのかな?と思ったのですが、アドセンスの結果もグンと上がったので間違いではなさそう。

PVの推移

新しい記事を追加すると、どれくらいで上位表示されるのでしょう。
がんばって記事を追加したからといってすぐに結果が出るわけじゃないことは実感しています。忘れたころの記事が案外アクセスを集めてくれたりして驚く時もあります。
Ahrefさんがまとめた記事がとっても参考になりました。

Googleで上位表示されるにはどれくらい時間がかかる?(Ahrefsによる研究)

明確な答えではないですが、統計的に新しく公開されたページの約95%が、1年以内では上位10件に入らないらしいです。
ラッキーな場合は2~6か月で達成。

OHARICOのサイトはちょうど一年前は東京に出稼ぎ?に出てて、洋裁どころではなかったしできる時にゆるゆるとやってきたので昨年末ごろから私にしてはわりと頻繁に作ったり書いたりすることができて、それでも3年かかってやっと2万PVいくかな~という感じでしたが、少し前からPVが上がりはじめてきました。
PVの推移
テーマをThe Thorに変えたあたりから、さらに上がってます。この感じでいけば3年かけた2万PVから、1か月かからないうちに4万PV達成しそうです。
まだまだですが、大人の階段をひとつふたつ上がった気分です。

まとめ

サイトの運用はガワも大事。同じコンテンツでちょっとお金をかけることで見てくれる人が増えるなら、やったほうがいいと思いました。
でも、ガワだけで中身が空っぽでもダメなので、中身を充実させてガワを活かすことができればあとは上を向いて継続しつづけるのみです。

有料テンプレート第一弾は、The Thorを買いましたが、最後まで気になったSANGOとDiverももしかしたらいずれ買ってしまうかもしれない。