使いたいWordPressテーマ2019

更新が滞っていましたが、生きてます。
運営しているハンドメイドのサイトの記事も少しずつですが増やすことができてきて、アクセス解析が楽しくなってきました。

作り方と型紙 OHARICO
洋裁とDIYでちょうどいい服の作り方

トレンドのキーワードを狙っているわけではないので、本当にハンドメイド好きの人が集まってきてくれている気がしてきています。
記事1つを書くのに、

  1. デザイン
  2. 型紙の作成
  3. 3Dで着せ付け
  4. 型紙の修正
  5. 実際に縫いながら写真を撮る
  6. 販売用型紙データの作成
  7. 記事を書く

ざっくりだけでもこれだけやることがあります。
ビジネスとしては効率悪いかもしれませんが、好きだからやります。長い目でやり続けます。
せっかく書いた記事はひとつひとつが魂はいってるので、できるだけたくさんの人にみてもらいたいし、誰かのモノづくりを楽しむきっかけになってくれたらいいなと思ってます。

できるだけたくさんの人にみてもらうという意味では、サイトの見やすさ、使いやすさについても改善していきたいので、アクセス解析をしながらWordpressのテーマを変更したりいじったりしてきました。

Fukasawa

立ち上げ当初は、Fukasawaを使っていました。

Fukasawa
Just another WordPress site

写真を多用するサイトなので作ったものがアルバムのように並べられたら楽しいし、動きも派手過ぎず心地よい雰囲気。
記事が一つ増えるたびに賑わっている感じが好きでした。
当サイトも現時点ではFukasawaを使っています。(※2019/3/8に変更しました)

LION MEDIA

ある程度記事数が増えてきた頃に、もう少し整理したくなったのとSEOも意識しはじめたので何かいいテーマはないかと探したところ、FitさんのLOIN MEDIAにたどり着きました。

AMP対応・SEO最適化・レスポンシブ・高機能の無料WordPressテーマ│LION MEDIA[ライオン メディア] – デモサイト
ライオン メディアは、モバイル端末での表示を早くするAMPに標準対応。SEO最適化済みで、レスポンシブデザイン。カスタマイズ性にも優れ、高機能でありながら表示速度も速い無料のデザイナーズ WordPressテーマです。

試しに変更してみたら、数日後からPVがぐーんと伸びた。 
LION MEDIA素晴らしい。
デザインがわりとかっこいい系なので、できる限り変更してソフトな雰囲気に変更。
カスタマイズする際に、ちょっぴりフリーズするところや、PageSpeed Insightsで無料テーマのわりに点数はいいとは言われているけれど、やはり限界があるので、そろそろ有料テーマを導入しようかという考えに至ったのでした。

THE・THOR(ザ・トール)

圧倒的にSEOに強く・上位表示されやすいワードプレス用テーマ。

LION MEDIAを作成している会社、Fitさんの有料テーマが、THE・THOR(ザ・トール)です。
LION MEDIAの上位バージョンという感じ。
こちらに乗り換えるのが一番スムーズなので、ナンバーワンの選択肢としてTHE・THOR(ザ・トール)が挙がってきました。
PageSpeed Insightsの結果もかなり高得点。

Diver

せっかく有料テーマにするのなら、他にもないかと色々調べるとどれもほんとに研究されていて迷いが出てきました。
次に気になるのが、アフィリエイター収益最大化!最新SEO対策済み!wordpressテーマ Diver

とにかくかっこいい。ハンドメイドのサイトにはかっこよすぎるけれど、カスタマイズすればなんとかなるかな?と思って悩みます。今回使わなかったとしても、別の案件でぜひ使ってみたいテーマです。

SANGO

わかりやすさで有名なサルワカさんが開発したテーマ、SANGO

SANGO|心地良さを追求したWordPressテーマ
WordPressテーマSANGOのデモページです。

デザインのテイスト的に、私のハンドメイドのサイトにはこれが一番しっくりくる気がします。
わかりやすくて心地よいのがいいかな。
候補の3つを何度も何度も検討して、やっぱりSANGOかな。という考えに落ち着きました。
今すぐにでも有料テーマに変えようとおもっていたので、さっそくクレジットカードを用意したところで、あることに気が付きました。今日は3月4日。

せっかくだから3月5日、サンゴの日に変更しよう。
ということで、勝手にサンゴの日記念日。
明日、有料テーマデビューしてみたいと思います。